twitterで複数アカウントのログイン状態を切り替える方法

PCでtwitterの複数アカウントのログインを切り替えたい。そのような場合は、ログインをしなおさなきゃいけなくて面倒ですよね。少しでも手軽に切り替えたい、という人にオススメな方法をご紹介します。

■方法1 ~ブラウザを使い分ける~


Photo by Creatas Images / Creatas

twitterのログイン状況をブラウザごとに保持させることで、ブラウザを使い分けるだけで、twitterのログイン状況も切り替えられる、という仕組みです。これなら、ログインしなおすよりも簡単です。

同じブラウザーで別アカウントの共存が面倒であれば、使うブラウザー別でアカウントを分ければ良いという発想です。ChromeとSafariなどのブラウザーが無い場合でも、FirefoxとInternetExplorerで使い分けるなどと、応用することができます。

AアカはGrani(←ブラウザ名)、BアカはChromeでアクセスすれば、それぞれがアカウント情報をキープしているので、ログイン&ログアウトを繰り返す必要がないのです。

■方法2 ~Chromeのユーザー機能を使う~

Chromeは、1台のPCを複数人で使うことを想定して、Gmailアカウントごとにユーザーを切り替えることができます。この機能を使って、twitterのログイン情報を切り替える、という方法です。

あるユーザーでは1つ目のアカウントでログインして、もう一つのユーザーで2つ目のアカウントでログインするというふうにすると、ユーザーを切り替えるごとにアカウントを切り替える事ができます。

Chromeではユーザー登録ができます(Gmailアカウントが必要です) ユーザー登録することでChromeを入れている複数のPC間でブックマークや拡張機能を自動で同期・共有できます。

■方法3 ~TweetDeckを使う~

twitter公式のクライアントソフトです。twitterのログインを切り替える方法ではなく、各アカウントのタイムラインを確認できたり、各アカウント別につぶやけたりします。

Windows用の公式クライアントである「TweetDeck」に目を向けてみたい。「TweetDeck」は以前、Twitter社が買収で手に入れたソフト

「TweetDeck」は、Twitter公式サイトの機能を超えるフル機能型のTwitterクライアントであり、同タイプのWindows用クライアントは「Janetter」くらいだろう。

TweetDeckを使うと、ログアウトしながら複数のアカウントを管理していた自分が、めちゃくちゃアホらしく思えるし情けなくなります。

この動画の詳細はこちら

あわせて読みたい