これだけは押さえておきたい 使えるマーケティングのフレームワーク集

事業戦略や製品戦略を考えるとき、いろいろなフレームワークを使いますが、自分なりにまとまったものが欲しくで、テンプレートを整理してみました。画期的なフレームワークのビジネスモデル・ジェネレーションも紹介しています。

基本フロー

一口に「マーケティング」と言っても、一体何を整理すればよいか?と悩んでしまいます。「マーケティングとは」、一般的に「市場の変化に対応し、買ってもらう仕組みを作る」事だと言われています。
通常、マーケティングを計画し実施するには、大きく3つのプロセスで進んで行くと言われており、
①環境を分析し機会、チャンスを探す
②市場を細分化し、ターゲットやポジションを検討する
③その決めたターゲット、ポジションにあうマーケティングミックス戦略を策定する
の流れで進めて行きます。
各パートで効果的と言われているフレームワーク、テンプレートをまとめます。

外部環境分析 PEST分析

政治法律的要因、経済的要因、社会文化的要因、技術科学的要因の4つの市場トレンドを調査、整理します

5F分析(5 Forces Analysis)

競争環境を分析するためのフレームワークで、市場における競争は既存業者間の競争だけで左右されるものではなく売り手(仕入先)の交渉力、買い手(顧客)の交渉力、代替品の脅威および新規参入業者の脅威も競争に影響を与えるという考え方

SWOT分析

「外部分析、内部分析」と 「自社にとってのプラス要因、マイナス要因」の二つの軸で、「強み」、「弱み」、「機会」、「脅威」を洗い出すフレームワークです。

3C分析

3C分析とは、自社の状況と競合の動向と顧客のトレンド等を整理するものです。そこから、KSF(key success factors)つまり当該事業で成功するための要件を設定していきます。

クロスSWOT分析

SWOT分析で抽出した、強み、弱み、機会、脅威をそれぞれ組み合わせて検討した時にどのような戦略が良いかを検討するフレームワーク
強み×機会
強み×脅威
弱み×機会
弱み×脅威
で考える。

ブルーオーシャン戦略

現在の戦略に対して、
・リソースなどを現状より増やすことで何が起こるか
・何かを減らすことで何が起こるか
・何かを付け加えることで何が起こるか
・何かを取り除くことで何が起こるか
の4つの検討をすることで、現在の事業にイノベーションを発生されるフレームワーク

ポジショニング戦略

戦略ポジショニングとは、その業界におけるそれぞれの企業の立ち位置のことです。通常、各プレーヤーは何らかの領域の軸足を置いていて、その強弱を相対的に示すのが戦略ポジショニングになります。

セグメンテーション

マーケティング環境分析の結果を踏まえて、不特定多数の人々を同じニーズや性質を持つ固まり(セグメント)に分けること

ターゲティング

ターゲティングとは、単にどのセグメントに注力するかという視点だけではなく、自らの製品・サービスと顧客セグメントの関係から、どのような戦略を行うかを検討します。
1顧客セグメントに注力すれば、資源を集中投下でき一気にシェアを獲得できるかもしれませんが失敗すると事業は完全失敗となります。他方ですべてのセグメントに注力すると、資源を効率よく投下する必要がありますが、どこかのセグメントにはヒットするかもしれませんが、目標があいまいになる可能性があります。

マーケティングミックス 4Pの検討

製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、プロモーション(Promotion)

アメリカのマーケティング学者、ジェローム・マッカーシーが提唱した代表的なフレームワーク。
一般的には企業側の視点で分析を行うが、近年は顧客視点での整理も行い対比を考えなければいけないとも言われている。

次世代のビジネスを考えるビジネスモデル・ジェネレーション

今一押しのフレームワークがこれ。ビジネスモデル・ジェネレーションです。

本著は45カ国470人の共著者が28459枚ものポストイットを使って累計4000時間、足掛け9年間にわたり、様々なプロトタイプを分析し、ビジネスモデルイノベーションの手法を体系化

パートナー、主要活動、リソース、価値提案、顧客関係、顧客セグメント、チャネル、コスト構造、収益の流れの9ブロックを検討する。
このキャンパスのすごいところは、現状の分析にも使えるだけでなく、現状分析とブルーオーシャンのテクニックを併用し、各ボックスに対して「増やす」、「減らす」「付け加える」「取り除く」ことで何が起こるかを検討できる。

よく参考にしているサイトや書籍

この動画の詳細はこちら

あわせて読みたい