【Instagram】ハッシュタグを使ったマーケティング海外事例5選

TwitterやFacebookを利用したマーケティング・キャンペーンはたくさんありますが、インスタグラムを駆使したものはまだまだ少ないです。しかし海外ではインスタグラムは盛んで今後日本でもより利用されると考えられます。そこでインスタグラムを使ったキャンペーンをまとめました。

ハッシュタグとは?

ユーザ自身が写真や動画にカテゴリをつけることができるようなもので、そのタグがついている世界中の写真や動画のみを、一覧で見ることができるという機能です。

1. カールスバーグ(ビール) メーカーもお店もお客もハッピーなPR

ハッピーアワーの時間帯、半額でビールを飲めるお店で実施。
「お店の名前」+「#HappyBeerTime」と投稿すると
半額の時間帯を過ぎても延長できる企画です。

お店の名前も一緒に投稿するため、タイムラインを見た友達がお店に
合流することも考えられ、メーカー、お客さん、お店みんなにとって
ハッピーなキャンペーンです。

2. IKEA(家具) ユーザーみんなでつくる”SNS版カタログ”

ユーザーみんなでつくる”SNS版カタログ”

カタログの中から気に入った家具を撮影し、
ハッシュタグ #IKEACATALOGUE をつけて
インスタグラムやFacebookに投稿をしてもらいます。

ハッシュタグ検索をすると、ファンそれぞれが家具を選んで制作した
オリジナルカタログのように見えます。

そして、投稿者の中から抽選で本物の家具をプレゼントされるという
ユニークなアイデアです。

雑貨や服など、デザインが魅力な商品のPRにも応用できそうですね。

出典
Vimeo

わかりやすい動画はこちら!

3. Ben&Jerry’s(アイスクリーム) ”幸せな瞬間”フォトコンテスト

こちらはフォトコンテストです。

ユーザーから幸せを感じるシーンを撮影した写真をハッシュタグをつけて
投稿してもらうキャンペーンです。

投稿された写真の中から選ばれた写真は実際に広告に起用されます。

ハッシュタグや写真に商品や企業の情報が登場せず、
PR色が薄いコンテストですが、企業イメージアップに繋がりそうなアイディアですね。

ちなみにハッシュタグの「capture euphoria」は「幸福な瞬間をとらえる」という意味です。

4. LEVI’S(ジーンズ) ”未来のモデル”オーディション

キャンペーンモデルを一般ユーザーから選出!

季節のキャンペーンに起用するモデルをインスタグラムユーザーから選ぶ
オーディション企画です。

応募方法はハッシュタグ「#iamlevis」をつけて自分の写真を投稿するだけ!

5. メルセデス・ベンツ(自動車) 車と共に撮った写真投票コンテスト

メルセデス・ベンツの新車のプロモーションです。

人気のカメラマンがこの新車で5日間の旅行にでかけ、旅行先での風景や車などをインスタグラムで投稿。

期間中最も多くの「いいね!」を獲得できたカメラマンが新車をゲットできるという企画です。

旅先の
風景と車の写真は、ユーザーに「自分が車のオーナーだったら・・・」とイメージを掻き立てます

国内事例はこちらから

日本でもInstagramキャンペーンが増えそうです・・・

米フェイスブック傘下の写真共有サービス、インスタグラムは10日、利用者が3億人を突破したと明らかにした。
短文投稿サイトのツイッターの定期利用者は2億8400万人で、インスタグラムは創業4年にしてツイッターを追い抜いた。

システムサービスも増えているみたいです

参考サイト

あわせて読みたい


Warning: mkdir(): Permission denied in /adword/wp-content/plugins/comet-cache-pro/src/includes/traits/Ac/ObUtils.php on line 380

Warning: mkdir(): Permission denied in /adword/wp-content/plugins/comet-cache-pro/src/includes/traits/Ac/ObUtils.php on line 384

Fatal error: Uncaught Exception: Cache directory not writable. Comet Cache needs this directory please: `/adword/wp-content/cache/comet-cache/cache/http/adword-link/2015/04/06`. Set permissions to `755` or higher; `777` might be needed in some cases. in /adword/wp-content/plugins/comet-cache-pro/src/includes/traits/Ac/ObUtils.php:387 Stack trace: #0 [internal function]: WebSharks\CometCache\Pro\Classes\AdvancedCache->outputBufferCallbackHandler('<!DOCTYPE html>...', 9) #1 /adword/wp-includes/functions.php(3729): ob_end_flush() #2 /adword/wp-includes/class-wp-hook.php(286): wp_ob_end_flush_all('') #3 /adword/wp-includes/class-wp-hook.php(310): WP_Hook->apply_filters('', Array) #4 /adword/wp-includes/plugin.php(453): WP_Hook->do_action(Array) #5 /adword/wp-includes/load.php(679): do_action('shutdown') #6 [internal function]: shutdown_action_hook() #7 {main} thrown in /adword/wp-content/plugins/comet-cache-pro/src/includes/traits/Ac/ObUtils.php on line 387