恋人とイチャイチャするだけで、健康効果がハンパない(゚д゚)

なにそれ羨ましい。

愛の言葉で、体温アップ?

実験で、愛の言葉を伝えられた被験者の体温は平均約0.8℃上昇

(愛情で)体温が上がることは十分考えられることであり、脳も体もリラックスすることで、より健康になっていくということ

広島国際大学・医療栄養学部の高尾教授

「愛してる」って言われると体温が平均で0.8°C上昇するんだってね

言う方はそれより上がってる気がするけどな

たしかにw

ファーストネーム(下の名前)で呼ぶだけで、愛情ホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が増加することが分かった

普段、ファーストネーム(下の名前)で呼ばれていない女性に対して行った

オキシトシンは情緒を安定させるだけでなく、カロリー摂取を抑えたり、脂肪燃焼を助けたりする効果もあるんだそう

ハーバード大学医学部のエリザベス・ローソン助教授のコメント

下の名前を呼ばれると、親からの愛情をうけた状況が紐付き、条件反射的にオキシトシンが増加すると考えられます

普段苗字で呼ばれる人が下の名前で呼ばれると癒しホルモン16%もでるんだって!

….めっちゃわかる。笑

キスの効果も、いろいろと凄い。。

出典dime.jp

免疫力アップというのは以前から言われてる。

キスしたときのほうが、皮膚や血中のアレルギー反応が緩和する

2015年のイグノーベル賞に選ばれた大阪の開業医による研究

くしゃみや鼻のむずむずなどを引き起こすタンパク質の数値が低下

友達から「キスすると唾液に含まれる何千もの菌が交換されて免疫力が高まるらしい」という話を聞いてほんとに世の中不公平だなと感じました童貞万歳。


Photo by Tom Kelley Archive / Retrofile

いってらっしゃいのキスをする人は、しない人とくらべて25%も収入が高いという結果

ドイツ人研究者アーサー・サズボ博士による研究

キスには、疲れを中和して快感に変わっていく「β-エンドルフィン」を分泌させる効果もある

愛情ホルモン「セロトニン」も当然分泌される。

キスの美容健康効果、老化防止やストレス解消も!?なんだよそれ無敵だろ。
めが、めがねっめめがねちゅああんぶっちゅうううぅぅぅうう。
……仕事しよ。

「男性が文句なしにいい影響があるのとは違い、女性は、場所をムーディーなところに移すなど条件によって影響が異なる」

脳科学者の中野信子さん

パートナーの健康状態によっては、キスの際、唾液からウイルスをうつしてしまう可能性も否定はできないのです。

抱きしめるのも…(*’ω’*)

パートナーと日常的にハグする機会が多いカップルは、心拍数は正常値を示し、さらにゆっくりと脈打つことが判りました

米ノースカロライナ大学で行った実験

② 不眠に効く
ハグすることにより、不安感が解消され、よく眠れるようになります。
子供が背中で寝てしまうのも、心地よい安心感からくるもの。

「抱きしめる」行為はコルチゾール濃度と心拍数が低下することから、ストレス軽減効果があることが科学的に実証されています

コルチゾールは、慢性的なストレスがあるときに出るホルモン

自分で自分をハグします

これで眠れるかな…

(´・ω・`)

【反対に】ぼっちだと、残念なことが

ここ10年20年ぐらいでようやく分かったことだが、最も健康に影響しているのは「つながり」があること

ハーバード大学院で健康づくりを研究した石川善樹氏

「仲のよい友だちグループのいる人の延命率は、どんな場合においても、仲間のいない人よりも50%高い」

ブリガムヤング大学の心理学教授のコメント

「一人でいても幸せを感じている」と回答した人も、同様に死亡リスクが高かった

アメリカのユタ州の大学の研究

別にぼっちが駄目だとも、他より優れてるとも思ってないけど、研究でぼっちは親しい人がいる人よりも寿命が短くなる傾向にある、っていうのは出てるんだよね。つら

やはり楽しく長生きする秘訣は、日々の悲しみも喜びも共有できる家族や仲間を持つことのようです

この動画の詳細はこちら

あわせて読みたい