けっこう種類ある。個人的に気になる「デザインステープラー」たち

ホッチキスともいう。

▼ デザインの良いステープラーが欲しい。

◇ Craft Design Technology のステープラー

本体ボディーの様々な面に共通の角度を設けることで、シャープで立体的な印象を持たせたステープラー。縦に置くことも出来るので、レジのような狭い場所にもすっきりとレイアウト可能です。

針は100本装填可能、コピー用紙なら一度に20枚まで閉じられます。製造は老舗ブランドサンスターが行っているので品質は折り紙付き。

こんなかっこいいホッチキスなら、あえてデスク上に置いておきたくなりますね。

◇ たためるシンプルなホッチキス

使わない時はコンパクトにたためるホッチキスです。
市販のNo.10の針が一連入ります。

まず本商品を手に取った瞬間に「こんな小さいホチキスってあったんだ!」と思われる方が多いでしょう。それだけインパクトのある第一印象で、アッと驚かされます。

◇ 洗濯バサミのようなステープラー

ちょっとこの紙類まとめておきたい と思ったらクリップでパチっと。書類としてまとまったら、ホチキスでしっかり留めましょう。

◇ デザインが秀逸なカラフルステープラー

ホッチキスのマックス(MAX)より、小さくコンパクトにたためるデザインでポーチやペンケースに収納して持運べる携帯ホッチキス カラーギミックが仲間入り。

それは、かわいい“仕掛け”です。普段は小さくて平らなボディが、使う時は一人前のホッチキスに早変わり!

◇ 超スリムなデルフォニックスのステープラー

海外ステーショナリーのような独特の色使い。全6色のバリエーションから選べる、持ち運びに便利なステープラーです。

厚みはわずか12㎜。完全に閉じた状態で持ち運べるスリムタイプのため、ペンケースや小さめのポーチにも入ります。オフィスのデスクにはもちろん、打ち合わせ時等緊急用としてバッグに常備しておいても便利です。

◇ 確実に直角に留めることができるステープラー

直角(90°)型のホチキス針を使って留めるこちらのステープラー。縁に沿ってピッタリ固定されるので、書類等をスッキリとまとめることが可能です。

資料をカバンの中に入れておいたり、何度も開いたり閉じたりしていると、めくれ上がりバサバサになってしまう紙の乱れを、「Right-Angled Staples」が一気に解消。

重要なプレゼン資料など、こうした針で留めてあれば注目度が増すかも?

◇ デザインが豊富すぎるステープラー

流線型フォルムが美しい北欧デザインのステープラー・フレムスタ。鮮やかなコンビネーションのカラーが、デスクを明るく彩ります。

北欧の個性的なスタイリングに5色展開のカラーバリエーション。ベースにマットグレー、トップに光沢のあるビビットカラーを施すことで高級感のあるデザインを演出。

◇ 手になじむ「木」のステープラー

小さいながらも、使い勝手がよい、木のステープラー。その手触りの良さは、木という素材の魅力を再確認させてくれます。ヒンジの後ろ側には、留めた針を外すためのリムーバーも備わっており、実用性もしっかり。

また、握った時の心地良さ、手触りの良さも特徴です。使うほどに味わいが増し、木の価値と魅力を再認識出来る、デスクトップの名品です。

シンプルなデザインと、ぬくもりのある木の質感は、オフィスのデスクでの使用はもちろん、ショップ等、多くの方の目に入るところでの作業もきれいに見せてくれそうです。

この動画の詳細はこちら

あわせて読みたい